Origamiの買収劇と2020年代の始まり

日本におけるQRコード決済事業の先駆者であったOrigamiが、

メルカリに買収されることになりました。

 

一説には、タダ同然での買収であったと言われています。

一時期は400億円を超える企業価値の評価がされていたOrigamiが、

事業分野としてスポットライトがど真ん中に当たってしまったが故に

最も激しいレッドオーシャンと化し

100億円単位の販促費の殴り合いに巻きこまれ

タダ同然での身売りを余儀なくされたことにスタートアップの不条理さを憶えます。

スタートアップは先行者である事業分野が脚光を浴びることが不幸を招くこともあるものだと。

 

と同時に、今回のOrigamiの件は、2010年代の終焉と2020年代の始まりの象徴的な先駆的出来事かもとも思います。

 

2010年代(=去年まで)は、デジタルイノベーションが大正義。

なんとなくイノベーティブでスケールしそうな事を言っていればもてはやされていた時代だったと思います。


しかし、2020年代は、イノベーティブでスケールしそうな雰囲気があればなんでも良かったという宴が終わり、

「選別」が始める。

昨年までもその動きは出てきつつありましたが、これからその「選別」の動きがさらに加速するのではないかと。

 

スタートアップは2010年代では善と考えられていたものについて、

それが一時的な熱狂に過ぎないのか普遍的な本物なのかを見つめ直し、

2020年代のパラダイムシフトに備える必要があると私は考えます。

 

特に今後のビジネス展開を考える際、昨年までもてはやされていたものについて一度疑いの目を持ちながら

考えてみることは、これまで以上に重要になるかと思います。

WeWorkに思う

WeWorkが巷を賑わせていますが、

賑わっている話題とは別に私が思うこと。

 

私としては、WeWorkのあの賃料は本当にスタートアップのことを考えているのか、

それとも、所詮稼ぐ力を既に備えている方々のための楽園しか提供する気がないのか、そこが不満に思います。

 

机1つのスペースしかない個室を借りるだけで月9万円。

それだけ家賃を出せれば、福岡ならば都心部でも2LDKのマンション程度なら十分借りれます。

 

独立してされている方でも、もともと安定して稼ぐ力のあり収益が確保出来ている方が利用する分には良いと思うのですが、

まだ収益力がヨチヨチ歩きでとにかくキャッシュが尽きないことが大切な初期段階のスタートアップがキラキラ感に惹かれて入居したがったりするのを見ると、頭が痛いです。

 

WeWorkはスタートアップのキラキラ感に対する欲望を満たすのに上手いところを突いているとは思いますが、

スタートアップ側としてはWeWorkに入居して良いステージにあるのか、それとも本当はガレージくらいでやるべきステージなのか。

 

キラキラした自己高揚感にだまされず、しっかりと見極めて欲しいところです。

スタートアップ社長とFackbook Messenger

前回、スタートアップとチャットツールについて取り上げましたが、

今回その補足編として、スタートアップ社長個人と連絡を取る際のツールの話を取り上げます。

 

スタートアップ社長は圧倒的にFacebookMessengerを利用しています。

世間一般だとLINEが一番使われていますが、

スタートアップの社長個人とのやり取りは、

それがFacebookのMessengerとなっている感じです。

 

あとが、Chatworkです。もっとも、こちらは一緒に仕事をやる関係になるまでは

使うことは少ないです。

 

スタートアップの社長を相手に仕事をされることを計画されている方は、

FacebookとMessengerの登録は、ほぼ必須と考えておいて良いと思います。

スタートアップとチャットツール

スタートアップ企業において、チャットツールはよく使われています。

そして、よく使われているチャットツールは2つ。

 

Chatwork と slack です。

Chatworkは平たく言えば、ビジネス版LINEです。

シンプルな分の使い勝手の良さ、ITがそこまで得意でない方でも扱いやすいこと、

そして、ある程度まで無料で使え有料プランになってもslackより割安であること

が魅力です。

 

slackは、Chatworkの高度版的なものです。

チャンネルという仕組みが存在し、カテゴリー毎にチャットの分類作成を行いやすい仕組みになっています。

slackの方が出来ることが多いですが、

その分使い勝手が複雑になりがちであること、ある程度ITが出来る人で無いととっつきにくいこと、

Chatworkよりは割高である点がデメリットではあります。

 

ITに抵抗感が無い人が集まっている組織であればslackの方が便利ですが、

Chatworkのslackよりも機能が絞られている点を生かして情報共有の流れをシンプル化する

運用も有効な運用方法であると私は考えています。

 

 

世界最大のスタートアップイベントSLASHに行ってきました

昨年12月の話ですが、弊所の顧問先がFGNより、ヘルシンキで行われる出展させて頂けることになり、ヘルシンキまでついて行ってまいりました。

 

出展者は大企業が多く、スタートアップ企業の出展も国際展開できるプロダクトの準備が必要であることを感じましたが、世界的なスタートアップの風を感じる良い機会となりました。

 

お連れいただいた企業様には、良い機会を頂き、大変有り難うございました。

 

IMG_0625

IMG_0619